その他の検定

資質表現教育

着付の目的

学びの目標

自己がもつ絶対的無限なる能力の可能性を招き、主体的に能力を発揮し、「共によりよく輝いて生きる」ための意識を培う学びです。資質を磨くことによって自分自身の専門的知識、技術がより上質になり、自分自身の能力の向上につながります。

目的

  • 3級…いつでもどこでも誰にでも「尊敬と感謝と礼儀」が表現できます。
  • 2級…環境変化や新しい経験に勇気と挑戦を継続させる行動がでます。
  • 1級…日常生活の中で実義と実行と実践をもって他者を支援できます。

ポリカカット検定

着付の目的

ポリカカットの目的

  1. 1.身体軸と左肘の使い方を学び、正確なカットをする。
  2. 2.脳科学と身体運動科学を使って理論的に教育するので、早期育成できる。
  3. 3.正しい姿勢でカットし、体に負担を与えない。

世界初の「体の身体軸」、「脳科学」を理論的に証明したポリカカットで、「基礎・基本」をしっかり身につけ、自分の感性を伸ばし個性のあふれるプロフェッショナルな美容師になって欲しいと願っています。

*3級・2級・1級と順を追って取得していくことで、安定したフォームが身に付き、正確なカット技術が短期間で習得できるようになります。

ケアリスト検定

着付の目的

ヘアケアリストの定義

「ヘアケアリスト」とは、毛髪の素材美を通して、プロとしてお客様との信頼関係を築き成果を出す人です。

行動目標

プロとして次の4つの説明責任をおっていることを認識し行動します。

  1. 1. 現状説明(毛髪診断)
  2. 2. 技術説明(今していること、これからすることの説明)
  3. 3. お手入れ説
  4. 4. より美しい髪へのプランニング

ねらい

売れるアシスタントを育て、「売れるスタイリスト」への基盤づくりをします。

レセプション検定

レセプション検定

レセプションの目的

美容室に来店される新規のお客様の7割が一度で来なくなります。
「技術」に対する不満があるのでしょうが、ほとんどのお客様がおもてなしに満足しない(重要視されたい)から失客に繋がるのです。
美容師の職務は技術が90%です。
予約の取り方、お迎え、カウンセリング、お見送りなど「お客様視点」でおもてなしをすることでサロンのクオリティーが上がり、地域一番の繁盛店になるとおもいます。

資料請求・お問い合わせ