着付検定

着付の目的

着付の目的

職業能力推進法に基づき「着付」が技能検定の職種となった事を契機として、着付士として働く方々の技能の向上及び技能検定試験等に資するため、日本美容技能協同組合が実施する、着付士に必要な知識と技能を体系的に学ぶ短期講習会を開催します。より多くの方に着付の知識を身に着けていただきたいと思っております。

着付検定 プログラム一覧

3級 実技・浴衣(自装)・小紋(マネキン)・学科(一般知識)
2級 実技・留袖(マネキン)・学科(着付士に必要な知識)
1級 実技・振袖(他装)・学科(着付士に必要な知識)
認定講師 実務経験5年以上・3級、2級、1級を合格した人
  • ・厚生労働省認可の日本美容技能協同組合の資料を使用。
  • ・講習終了証明書発行の条件:講習会に80%以上参加した者に限ります。

試験内容【試験会場及び試験頻度】

  • 3級・2級は、年2回各統括単位で試験を受ける事が出来る。
  • 1級は年1回試験を受ける事が出来る。
資料請求・お問い合わせ