室長ブログ

沸騰せずにはいられない!!第8回

沸騰せずにはいられない!!第8回

三王哲学

三王哲学は、世界と自己との関わりを「役割」、「使命」、「天命」という三側面から、世界に引き寄せて捉える考え方でり、三象・三しん哲学を現実世界において反映させ、これを通して更なる三象・三しん哲学の向上をはかる実践哲学です。


「役割」は主に社会における役割を果たすことを指します。大多数の人にとっては仕事の繁栄に当たりますし、これは生きていくうえで必要なことです。
次に、「使命」の実現に向かって邁進します。「使命」のなかでも地域貢献から社会貢献、そして地球環境保全へと段階があります。「役割」から「使命」へと超えるのは大変ですが、実践を通じながら三象・三しん哲学が丹田へと刻み込まれていきます。
最後に、「天命」を理解し、73憶余人の幸せを追求します。その過程を経て、世界と自己との同一視を獲得することができ、73憶余人を「一人」とくくって生命の扉を開錠することができるようになります。
繰り返しますが、私の哲学は「人間原理」とは異なります。むしろインテリジェント・デザインに近い価値観から、サムシンググレートへと少しでも近づくことで、73憶余人の生命の安寧を実現する哲学であることに留意することが大切です。

marara_08_jp

gm_img-340x246