室長ブログ

沸騰せずにはいられない!!第7回

沸騰せずにはいられない!!第7回

三しん哲学

三しん哲学は、宇宙の物事を、人間に内在する「身」(身体)、「心」(こころ)、「芯」(丹田に入れ込む決意・覚悟)という三側面から、自己に引き寄せて捉える考え方です。


三しん哲学は、一見すると物理学でいうところの「人間原理」に近いように聞こえるかもしれませんが、実際には宇宙の公理・公式と、それをデザインしたサムシンググレートに対する畏敬の念に基づいています。ただ、人間は結局のところ自己を通してしか世界を知ることができず、自己を通してしか世界に影響を与えることができません。それ故に自己に引き寄せて捉える考え方が必要となるのです。
この三しんの中でも、もっとも重要な概念は「芯」で、へそ下の丹田に入れ込む決意・覚悟といったものです。この「芯」を明確に意識し、丹田へと入れ込んだ決意・覚悟を燃焼させることで、人は情熱をもって老いることなく日々前進することができるようになります。
宇宙の物事を、まずは三象哲学で客観的に把握し、それを三しん哲学で自己に引き寄せ、無限のエネルギーへと沸騰させることが大切です。

marara_07_jp

gm_img-340x246