2014年10月 違いをもたらす違い

全国の仲間の皆さん、こんにちは。先日会長、本部長、執行部会議が開催されました。
本部長会議は三か月ごとに行われますが、本当に時間が過ぎるのは早いですね。
時間を大切にしないといけないと実感します。

ある本で大富豪に「一番大切なものは何ですか」と質問したところ、
ほとんどの大富豪が時間と答えていました。
誰でも一日24時間、一年は365日、同じ条件です。これをどう使うかで人生が変わってきます。
同じ時間は一秒としてありません。
毎日を感謝して過ごさないといけませんよね。


さて、いよいよ27代執行部も第三コーナー(秋季全国大会)に差し掛かって、
各会長・本部長が自分の基本方針にどこまで近づいているのか、今のペースで達成することが出来るのか。
そのために何をするのか!!!

今回は「違いをもたらす違い」と言う話をさせていただきました。
これはジェームス・スキナー(7つの習慣を日本で広めました)言う方が言っている言葉です。
「自分と成功している人の違いは何なのか」これに気付くことが
成功に近づく秘訣だということです。

個人であれば【思考 言葉 表情 動作 行動】
組織であればリーダーの【思考 言葉 表情 動作 行動 etc】となるのでしょうか
自分が願う姿と、今の自分との違いを見つけて、
これを改善していけば必ず自分の望む姿に近づいていくと思います。

ドンドン会員が伸びている組織と伸びていない組織の違いは?
ドンドンスタッフがが増えている会社と増えない会社の違いは?
ドンドンお客様が増えているお店と増えないお店の違いは?

このように考えてみてはどうでしょうか。

人は誰でも一生懸命です。それはその人の一懸命ですが、結果もその人なりの結果です。
個人はそれで良いのですが、リーダーはそれではいけません。
皆さんは、組織のリーダー、会社のリーダー、家のリーダーですよね

【違いをもたらす違いに気づき】それを出来ている人、組織、会社をモデリングする。
(モデリングとは、なりたい姿の、組織、会社、お店、人をモデルとし真似することです。
解りやすく言うと臨店もその一つですね。)

徹底的にモデリングをすることで、最短で自分の望む姿に近づくことが出来ますよ。
SPCブランドのヴァンカウンシル、ルシードもこの方法を使うから、
短い時間で成功店がたくさんできています。

秋季全国大会まであと二か月と少し、みなさんが自分の目標に進む道しるべとして、年
2回の全国大会を楽しみましょう。

P.S>
ある、スタッフの方から理事長通信を読んでいると、お手紙をいただきました。
本当に嬉しいことです。
これからも、出来る限り皆さんに解りやすく、すぐに使える事例を送ってまいります。
ありがとうございました。