2013年5月

全国の皆さん。全国大会お疲れ様でした。
第27代理事長、町田隆司です。

全国の仲間と集い、語れることは大きなエネルギーを感じ、
素晴らしい時間を共有できたことに感謝しています。
全国大会の理事長発言の中だけでは、伝えきれなかった部分がありますので、
今回は基本方針の補足、説明を伝えさせて頂きます。

一、三象三しん哲学の習得
会員一人ひとりが強く豊かに充実する…
三象三しん哲学は世界に類のない実践型哲学です。
経営者がSPC で学び、人間力を高め、行動力をつけ、
家族を幸せにし、スタッフを豊かにし、お客様に喜んでいただき、
会社は利益を出し、社会に貢献する。生命の扉を開き、さらけ出し、かきむしられ。
自分自身を愛し、仲間を愛し、家族を愛し、そして地球を愛する。
この素敵な仲間に出会えた奇跡を活かし、活用し挑戦していくことが
強く豊かで充実するたった一つの方程式です。

一、地球環境保全、世界平和の実践
素晴らしい地球の未来、これから産まれてくる子供たちのために、
今できる地球環境保全・世界平和活動を実践し、世界平和の礎を作ります。
理美容業を通したEM・ゴミゼロ・途上国支援などの具体的な実践を、
オーナー・スタッフ・家族・そしてお客様・地域までも巻き込み、
浸透させ、この活動を業界内外に打ち出します。

一、ど真剣の定例会議、営業会議の推進
定例会議を通し人間力・社長力・組織力を高め、命の扉を開き、
命の躍動をすることが一番大切なことです。手法、方法を学んでも何も変わりません。
自分自身が覚醒することが定例会議の目的なのです。
それは年齢でも経験でもなく、会社の大きさでもありません。
生命の炎をもやして、初めて具体的行動に移すことが出来ていくのです。
ですから誰でも実践でき、ワクワク楽しい営業会議、プロジェクト制を開催します。
1週間、1ヶ月間何をしてくるのか明確に解り、確認する営業会議を開催し、
売上を上げ、利益を出す各社の繁栄に挑戦します。

一、 組織形態の整備・継承
今期は各部を統合し、各本部にも執行部の動きがダイレクトに伝わるようにしました。
現在は一昔のように一つの成功事例をマネしてうまくいく時代ではありません。
ですから、各地統括本部が会長、本部長を中心にどう運営してくのか、
どう活性化していくのが今求められていますし、総てはリーダーによって決まります。
会長・本部長が力をつけ、各統括本部の運営が要となるため、
会長会議・本部長会議は各地の代表者の最も重要な会議として行います。
また、未来構築の基礎作りとして全国室員会議を年に3 回開催します。
各地本部運営・青年部人材作り・室員会議・拡大・OB 会員・財務予算化についても整備していきます。

一、業界活性化、業態開発
人口の減少、高齢化、美容師人口の現象を踏まえて、業態を開発し、
SPCが理容美容業界のリーダーシップをとっていかなければなりません。
そして、時代というものは常に変化し続け、お客様のニーズ、スタッフのニーズも変化しています。
変化できたものが生き残る“ 時代の変化に対応した原因と結果作り”
そして業態開発も進めていかなければなりません。
フロント・ネイリスト・スパニスト・アイリスト・ケアリスト等々、
美容室の中で新しい業態、仕事を作り生産性を作る事が急務です。
今SPC の中では、各地で特化し成功を収めている方もたくさんいらっしゃいます。
その方にスポットを当て、プロジェクト体制も作り上げたいと考えています。
一人では出来ないことをみんなで作っていくことがSPCなのです。

最後に、いよいよ27 代がスタートをきりました。
各副理事長、各会長からも活動方針を発表していただきましたので、
それにのっとり会員一人一人が自主的に活動し、
二年後に大きく成長した自分自身に出会うことを楽しみにしています。