サロン経営で培った経営視点でラーメン店をオープン

三澤省二さんは、長野県諏訪市で、サロン4店舗、出張移動美容室、カラー専門店を展開するDream Worksの経営者。次の経営展開として昨年(2021年)10月、ラーメン店をオープン、5年後の承継に向けて新たな展開を始めています。

三澤さんは、5年後の令和9年(2027年)1月1日に、社長を交代すると宣言。
長男29歳、次男25歳ともに美容師で、修業を終えて戻ってきているので、5年後までに分社し、それぞれに経営を任せるとのこと。社長を交代とは、すべての権限委譲することで、息子たちにも本気で取り組んでほしいと考えています。

最近、古参の社員が退社独立し、人材を確保し続ける難しさを痛感したそう。
美容室は現在40人いる社員のうち6人が男性。独立志向のある人には、業務委託や面貸しなどの社内独立の道を開くことも視野に入れています。

一方で、昨年秋には、諏訪市内にフランチャイズでラーメン店をオープン。経営者マインドを磨くうちに異業種にも興味が湧き、コロナ禍で時間ができたときに、zoom説明会に参加したことがきっかけとなり、開業に至りました。

美容は人に技術があり、お客様がつく仕事ですが、フランチャイズのラーメン店は人に依存しない仕事で、パートやアルバイトで回せる点が良いと思ったそう。三澤さん自身がラーメン好きで、各種の飲食店の中でも、ラーメンなら週に何度でも食べたいと思える点も決め手でした。

スープや麺などの材料は本部から送られてくるので、自慢の味を安定供給が可能。レシピやエリアでの経営権が守られているのも魅力です。将来的には最低でも3〜4店舗を展開したいそうで、そのためには管理者の育成や従業員教育が要になるのは、美容室と変わらないとも語ってくれました。

海外展開が可能な事業や、美容サロン出店などをサポートする建築部門などにも事業の可能性はあると、三澤さんは経営のアンテナを立てています。

<取材協力>
TRSグループ/Dream Works(長野県諏訪市)
https://trsmm.com/dream-work/

#美容サロン経営 #サロン経営 #サロンオーナー #美容サロン #ヘアサロン #ヘアサロンオープン #美容室 #美容室内装 #美容室求人 #美容室開業 #経営者 #新規開店 #美容師さんと繋がりたい #バーバーサロン

BE-BAR