目指しているのは地元の美容需要を満たす企業

美容室経営のかたわら着物をリメイクして海外で販売。
そのために地元の高校生とのコラボレーションも進めているのが有限会社ハピュア(鳥取県鳥取市)の浜本誠也代表。

浜本さんが美容室経営で目指しているのは店舗を拡大することよりも、お客様の「美しく、カッコよくなりたい」というあらゆる美容需要を満たし、ハピュアのファンをつくっていくこと。
ハピュアの系列店で、おしゃれに関心が高い、裏返せば美容に関するコンプレックスを持つお客様の悩みを解消できれば、お客様は安心して循環すると考えています。

そのために大切になるのが地元とのつながり、地元の活性化です。
高校生との着物リメイク・プロジェクトでは、着物ドレスの需要や新しいデザインが見えてくるというメリットもあります。

着物ドレスのレンタルも始めれば、イベント用のヘアメイクの仕事が連動して動くことにもなるでしょう。
商業施設や宿泊施設と連携して、着物で街歩き、写真撮影、出張ヘアメイクなどもの企画も進めています。

現在の店舗では、レディースとメンズの髪・脱毛・エステ・ネイルを提供する体制が整っています。
次は肌のホワイトニングなども視野に入れて、お客様の需要を見極めています。

<取材協力>
有限会社ハピュア:Hair space Suger/着物リメイク和縁(鳥取県鳥取市)
https://suger123.com/

※サロン経営のヒント募集中
https://be-bar.jp/

BE-BAR