次回予約、チップが定着

店頭に置かれたハーレーダビッドソンが目印の理美容店Men’s Twin(神奈川県横浜市)は、予約制が定着している店。
お客様は利用の度に次回の予約を入れていきます。

丁寧・親切・高単価を狙うためには、無理してお客様を詰め込むよりも、余裕をもって接遇するようスタッフに指導していて、当日では利用できないケースがあることを、お客様も知っているからです。

客単価を上げるための工夫の一つが楳田さん自身がおしゃれにしていること。
炭酸スパやパーマまたはカラー、脱毛、エステへとお客様に関心をもってもらうきっかけを複数つくり、多い人では1月あたりの利用額が50,000円を超えています。

指名料も取っていましたが、現在はお客様の理解を得てチップ制に移行。
チップはスタッフの稼ぎになり、モチベーションが上がると同時に、お客様も気持ちを伝えることができると、いい循環になっています。

ちなみに、タウン誌等への広告掲載やチラシ配りは一切していません。
いい仕事をしていれば口コミで広がると考え、結果を出してきました。

オーナーの楳田隆志さんの「アメ車・ハーレー・サーフィン・太鼓好き」にもう一つ加えると、お店のDIYや演出が趣味。
スタッフ全員にバーテンダーのような衣装を着せ、バーのような雰囲気を創ってみたり、床を張り替えてみたり。
一人で大工仕事をすることもあれば、業者や友人に手伝ってもらうこともあるのだそう。
お客様にとっては、このあたりも「自由人だよねぇ」と感じる所以なのでしょう。

実はこうしたマメな改装も、お客様をリラックスさせて、よりカッコよくなりたいという気持ちをさりげなく掻き立てる環境を整えているのです。

<取材協力>
Men’s Twin(神奈川県横浜市)
https://www.mens-twin.com/mens-twin/

※サロン経営のヒント募集中
https://be-bar.jp/

BE-BAR