コロナからの発見

「いつでも未来は不確実。だから、やる事を明確にして行動することが大切。」
あるサロンオーナーと話していたときに、そのオーナーがコロナ禍で発見したことだそうです。

ある程度コロナが収まり、今度は売上を上げないといけないというモヤモヤを、仲間に相談したとき「コロナの時は、やる事が明確になっていたからではないの?」と言われ気付いたそう。

「4月は売上が悪くても仕方ないという思いがありました。やることは助成金、給付金、協力金、融資などお金の事だけ。毎週のようにハローワークに通って、助成金の事を聞いたり、仲間から情報を集めたり。不安だったけど何か充実していました。」とサロンオーナーは当時を振り返ってました。

同じように売上を上げることにモヤモヤしているサロンオーナーも多いのでは?
そんな方は、まず「やる事」を明確にして行動に移してみてはいかがでしょうか。

BE-BAR