新着情報

  1. HOME >
  2. 新着情報 >
  3. 第29代 理事長通信 >
  4. 挑戦しよう。

第29代 理事長通信

挑戦しよう。

挑戦しよう。

いよいよ29代がスタートします。

SPCがどんな未来を創っていけるかワクワクしております。

【入会】

私がSPCに正式に入会したのは、30歳くらいだったと思います。

当時は「どうせいつかは入るんだろう…」と思い、妻にお願いして入会を決めましたが、

当時自分が理事長になることは微塵にも思っていませんでした。

【自分は船に乗っているのか?】

入会当時、SPCの「握手の慣例」「SPC讃歌」「SPCパンチ」全部嫌いでした。

「なんでそんなことまでするの?」「意味あるの?」「変でしょ!?」。

いつも大の大人が大声で喧嘩してるし、勘弁してほしいと思っていました。

イヤイヤ参加していました。

適当に参加はしていましたが、SPCの船の外から色んな言い訳をして、

SPCの船に乗ろうとはしていませんでした。

【関係なし!】

始めは定例会議に参加することもなかったし、全国大会にもパーティーに

顔を出す程度でした。

興味もなかったし、関心もありませんでした。

やがて定例会議に参加するようになりました。

しかし当時の私には定例会議の全てが摩訶不思議で、理解不能なことばかりでした。

【挑戦から変わる】

はじめての立候補は、中央統括会長選挙のときだったように記憶しています。

当日のわたしは「青春」の手話をしておりませんでした。

ある時会員から「会長になったらやるの?」という質問をされました。

その時に初めて、組織には「公」と「私」の存在があり、組織で活動していくためには、

自分自身も「公」と「私」をしっかり意識しなければならないのだと、電撃を打たれた

ように気づかされました。

「自分もやります!」私的な好き嫌いだけで物事を判断してはいけないことに気付いた

瞬間でした。

それから、セレモニーは組織の朝礼的な要素があり、そして素となる「言葉」を発信する

意味があること。情熱を発信することだと改めて発見しました。

まだまだではありますが、「挑戦」という行為が「素直」を導き、真剣に自分自身と向き合う

機会をいただけたのだとSPC組織に感謝しております。

「挑戦」とは決して楽なことではありません。しかし、挑戦なくして変化、改革は起こりません。

皆さん一人ひとりに「何に挑戦していますか?」と聞いてみたい。

SPC会員全員が沸点越え!

会社のリーダーとして、家庭のリーダーとして、組織のリーダーとして!

「挑戦」を明確にしてゆく必要があります。

私は理事長という「位置」を皆さんからいただきました。

社会環境の変化の波に向かい、今までにない組織の改革に挑戦し、より強い組織、

よりふところの深い組織へと変革していきます。

みなさんのご協力をお願いいたします。

最新記事10件を表示

2017.09.01
第29代 理事長通信「時代は共有から発信へ」
2017.08.01
第29代 理事長通信俺ファースト!
2017.07.01
第29代 理事長通信事件は現場で起きている!
2017.06.01
第29代 理事長通信卒論 書いたことない
2017.05.01
第29代 理事長通信HERO?
2017.04.03
第29代 理事長通信挑戦しよう。
2017.02.01
第28代 理事長通信自社に行かない日々を通して
2017.02.01
NEXT LEADERNEXT LEADER 2017年3月号 掲載中!
2017.01.06
NEXT LEADERNEXT LEADER 2017年2月号 掲載中!
2017.01.01
第28代 理事長通信定例会議を神聖なものとして捉える

お問い合わせ