新着情報

  1. HOME >
  2. 新着情報

新着情報

卒論 書いたことない

みなさん、 こんにちは!

先日無事、 会長本部長会議を執り行うことが出来ました。

改めて各地本部の皆さまと、29代のスタートを切れたことを実感しました。
みなさまの発言の中で、

「意識のレボリューション」 「ヒーローづくり」「ピッチャーづ くり」の

言葉がよく聞かれ、組織の 一 体化を感じました。
会議の中で、創設理事長が事務員である小黒女史の大学卒論にふれ、

大変共感をおぼえましたので、 以下ご紹介します。

「卒論抜粋SPC」 小黒玲子

筆者の現在の職場は、 主に理美容室のオーナーで構成されている団体である。
51年前に20〜30代だったメンバーが7人で始めた組織であり、 創設者をはじめ、 創設当時
から現在に至るまで所属している者は、 今も現役で活動している。
オーナー会員数約1200名を擁する組織として立場的な序列はあるが、

ここのオーナーたちは、年代を超えて自由に意見を交わすことを日常としている。

何歳になったからこれはできない、 ということを考えない。
着たいものを着て、食べたいものを食べ、どこへでも出かけ、言いたいことを言って、

やりたいことをやっている。
自己肯定感が強く、自分で自分の可能性をつぶすことをしない傾向が非常に高い。
ある意味、かなり迷惑な大人 (老人) 達とも言えるが、 彼らの生き方、

人生の哲学には、学ぶものが多くある。
理美容業は接客業であり、 スタッフの物理的な技術力と共に、

コミュ ニケーション能力、いわゆる人間力が必要である。
スタッフの能力を上げるためには、 オーナー自身の能力を上げることも欠かすことはできない。

オーナー達は定期的に必ず集まって会議をしている。
全国から幹部が集まる会議があり、地区ごとに所属会員が集まる会議もある。
今ならSkypeなど、通信を利用して実際に1か所に集まらなくても会議ができる方法もある。
時間の節約、交通費の節約になり、 無駄も省けるが、 ここではそのようなことはしない。
実際に顔を合わせ、言葉を交わし、互いのエネルギーを直接肌で感じることで、新しい発見や
意識の変化を起こそうとしている。 オーナー達は、 この組織での活動を通じて、

人と人とが本気で向き合うことを最も大事にしているのである。

会議中の激しい議論、 喧嘩は珍しいことではない。

それよりも驚くことは、そのような激しいやりとりの後でも彼らは共に食事に行き、
また会議の席に集まることである。 組織の中心に近いメンバーであればあるほど、その傾向は強い。

この根底にあるものは何か。
彼らは、 自己主張を引っ込めないのと同時に、互いに差異があることを認め合っている。
個性を個性として認め、多様性を受け入れながら、組織をかたち作っている。
間違った行為の否定はしても、 その人の存在そのものの否定は決してしない。

生命は自由な存在であるとするならば、人も本質は自由である。
この組織のオーナー達を見ていると、 自分を不自由にしているのは自分自身である、
ということに気づかされる。

以上

まさに、客観から見たSPCそのもであり、SPCの良さと、特徴を捉え、

再度組織の魅力を認識させられる素晴らしい内容でした。

今 一度、SPCGLOBALの魅力を自覚し、 多くの仲間を募ってまいりましょう。

HERO?

こんにちは!29代がスタートして早くも1ヵ月が経過しようとしています。

各地においても、自社も組織も新たな体制でお忙しいことでしょう!

さて、前回のメッセージにて「HEROづくり」のお話をしました。

その昔、私のHEROは仮面ライダーでした。

青春期はサッカー選手だったし、社会人になって野球界のイチロー選手でした。

今では組織の歴代理事長達もヒーローだし、不思議なことに社員もHEROを

感じるようになりました。

しかし、HEROで居続けることは容易なことではありませんし、

何よりも「自分はHEROではあるのか?」の問いにストレートに素直に

「はい!」と言えるようにならなければならない。

私はSPC組織のすべての場面場所に「HERO」創りが必要だと考えます。

自分の思い描く「HERO」とはどういったものでしょうか?

そして、自社に・・・、組織に・・・、HEROはいるのでしょうか?

 

組織で言いますと、一人ひとりがHEROでなければなりません。

HEROと聞けば、とかく第三者を対象にイメージしますが、本質は

自らが認めるHEROに自分自身が昇華しているという事です。

「やって見せ!」とはよく聞きますが、SPCオーナーは業界&社会の

ヒーローであり続けるための学究が必要であると考えています。

各地の「退就任式」に出席させていただいておりますが、ここには

たくさんのHEROがいるのを感じています。

「HEROの定義」というものがあるのなら、

 

一、自分に挑戦し続けること

一、信念をもって、訴え続けること

 

これらを「沸点越え」で挑むことが私のHEROの共通点です。

HEROになりきれていない時、場の雰囲気は静かで、中心者と周りには

意識のギャップが生じているのを感じます。

そんな時には、「挑戦が足りないのかな?」「信念が足りないのかな?」、

「しっかりと訴えられていないのかな?」と自問自答します。

 

まずは私自身がHEROになります!

自分をHEROとして応援してゆきます!

そして自分にとっての「HERO」であり続けるように精進してまいります!

 

ぜひ、「自分」を見つめ返して、

本来自分の持つ魅力を120%!

人間力200%発揮すべく邁進して参りましょう!

 

やっちまおうぜ!

SPC!

挑戦しよう。

いよいよ29代がスタートします。

SPCがどんな未来を創っていけるかワクワクしております。

【入会】

私がSPCに正式に入会したのは、30歳くらいだったと思います。

当時は「どうせいつかは入るんだろう…」と思い、妻にお願いして入会を決めましたが、

当時自分が理事長になることは微塵にも思っていませんでした。

【自分は船に乗っているのか?】

入会当時、SPCの「握手の慣例」「SPC讃歌」「SPCパンチ」全部嫌いでした。

「なんでそんなことまでするの?」「意味あるの?」「変でしょ!?」。

いつも大の大人が大声で喧嘩してるし、勘弁してほしいと思っていました。

イヤイヤ参加していました。

適当に参加はしていましたが、SPCの船の外から色んな言い訳をして、

SPCの船に乗ろうとはしていませんでした。

【関係なし!】

始めは定例会議に参加することもなかったし、全国大会にもパーティーに

顔を出す程度でした。

興味もなかったし、関心もありませんでした。

やがて定例会議に参加するようになりました。

しかし当時の私には定例会議の全てが摩訶不思議で、理解不能なことばかりでした。

【挑戦から変わる】

はじめての立候補は、中央統括会長選挙のときだったように記憶しています。

当日のわたしは「青春」の手話をしておりませんでした。

ある時会員から「会長になったらやるの?」という質問をされました。

その時に初めて、組織には「公」と「私」の存在があり、組織で活動していくためには、

自分自身も「公」と「私」をしっかり意識しなければならないのだと、電撃を打たれた

ように気づかされました。

「自分もやります!」私的な好き嫌いだけで物事を判断してはいけないことに気付いた

瞬間でした。

それから、セレモニーは組織の朝礼的な要素があり、そして素となる「言葉」を発信する

意味があること。情熱を発信することだと改めて発見しました。

まだまだではありますが、「挑戦」という行為が「素直」を導き、真剣に自分自身と向き合う

機会をいただけたのだとSPC組織に感謝しております。

「挑戦」とは決して楽なことではありません。しかし、挑戦なくして変化、改革は起こりません。

皆さん一人ひとりに「何に挑戦していますか?」と聞いてみたい。

SPC会員全員が沸点越え!

会社のリーダーとして、家庭のリーダーとして、組織のリーダーとして!

「挑戦」を明確にしてゆく必要があります。

私は理事長という「位置」を皆さんからいただきました。

社会環境の変化の波に向かい、今までにない組織の改革に挑戦し、より強い組織、

よりふところの深い組織へと変革していきます。

みなさんのご協力をお願いいたします。

自社に行かない日々を通して

今回は、これまでの理事長職を通しての一番の学びを発表します。
就任一年目の秋の全国大会で、私は理事長発言がうまくできず、言葉が出て来ませんでした。
ショックであり、屈辱でした。
その原因を色々考え、出てきた結論は、

“ 理事長職を専念せよ! 50周年イヤーが終わるまで、自社には行かない!!”

と決めた。

家族や社員には迷惑をかけるが、こんな1 年があってもいいだろう。
それから1 年と2 カ月、自社には行かない、電話もしない、メールもしない、

連絡があっても、わかる範囲では答えるが、ほとんど「わかりません」と返答した。
自社から離れた日々を過ごし、自社の組織・社員から距離をとった。

不安はなぜかほとんどなかった。

そんな日々を通し、人間としての丹田が身に付き、度胸がついてきたように感じた。
一般的な組織は、ピラミッドの頂点にトップが君臨する。

組織とはそういうものだと疑いもなく、信じていた。

自分はトップダウン型のリーダーで、社員を引っ張っていくタイプ。

もうすでに、幹部は自分を超えているのに、うちの社員はまだまだだ、という意識が強かった。

50 歳を過ぎて、この経営スタイルはうすうす限界を感じていたが、どう変革のスタートを切っていいのか分からなかった。

SPC の組織体は、ピラミッドではなく、立体的で幾何学的な組織だ。

自社では年齢もキャリアも自分がトップだが、SPC は上もいれば下もいる。

縦があれば横もあり斜めもあり、縦横無尽な人間模様。

時には集団、また、時には1 対1 で、シーソーをしているような状態が続く。
ジオメトリックでスリリングで流動的な組織がSPC だ。
そんな環境で自分がリーダーシップを取らせて頂き、責任を取る2 年間を過ごさせて頂いたのが、1 番の学びとなった。

SPC は動物園で、しかもほとんどが肉食系。

一般の組織論なんて通用しません。

自社の組織も、SPC のような立体的で躍動的な組織へ変革することを決意した。

それが出来ないと理事長をさせて頂いた意味がない。

SPC で研鑚し続ける意味がなくなる。

トップである前に1 人の人間として、社員と目線を合わせてスリリングにシーソーゲームができる自信がついた。

余裕ができた。

そこには上もなければ下もない。

それが人間本来のあるべき姿だ。
SPCGLOBAL同様、株式会社アフェクションもこれからが本番です。

 

NEXT LEADER 2017年3月号 掲載中!

「SPC GLOBALが教えてくれたこと」のvol.8は

中国統括本部 広島本部 沢田圭司さんの記事です。

 

s_NEXT LEADER6月号 沢田さま

【NEXTLEADER 購読の流れ】

NEXT CLUBとは

購読は、お近くのディーラーにお申込みいただくかたちになります。

【ディーラー一覧】

会社概要

※ご不明点ありましたら、髪書房にお問い合わせください。

1 / 1412345...10...最後 »

最新記事10件を表示

2017.06.01
第29代 理事長通信卒論 書いたことない
2017.05.01
第29代 理事長通信HERO?
2017.04.03
第29代 理事長通信挑戦しよう。
2017.02.01
第28代 理事長通信自社に行かない日々を通して
2017.02.01
NEXT LEADERNEXT LEADER 2017年3月号 掲載中!
2017.01.06
NEXT LEADERNEXT LEADER 2017年2月号 掲載中!
2017.01.01
第28代 理事長通信定例会議を神聖なものとして捉える
2016.12.20
NEXT LEADERNEXT LEADER 2017年1月号 掲載中!
2016.12.01
第28代 理事長通信全国大会へのご参加、ありがとうございました!
2016.11.01
NEXT LEADERNEXT LEADER 12月号 掲載中!

お問い合わせ